身近で連休を楽しむでもいいかな?

今年のゴールデンウィークはちょっとばかり残念ですね。間に平日が入り込んでしまって前半と後半に真っ二つ。僕の職場も前半3日と後半の4日に分かれてしまいました。まぁ、それでもたっぷりとした連休ってことには変わりないんですけれどもね(笑)。

ただ、ゴールデンウィークが両分されてしまったということで、今年のゴールデンウィークは遠出をする方が少ないみたいです。毎年ゴールデンウィークには海外に行っている知人も今年は北海道で済ませるみたいですし、僕も去年はハワイに行ったのですが、今年は全然無理です。北海道ですらちょっと無理ですね。

最低でも1週間くらいは休みが無いと、思いっきり遠出をするのは考えてしまいます。3泊4日程度の日程でも、帰ってきてから1日、2日は体を休める時間を確保したいですし、旅行前に準備の日も無いと忙しなくなってしまいます。やっぱり1週間はドカンとまとまった休みではないと難しいです。

ということで、今年はまだどこに行くかも決まっていないまま、後3日でゴールデンウィークの前半突入という状態になってしまいました。かみさんにも子どもにも、ディズニーランドに行きたいとか那須高原に行きたいなどと突っつかれてはいるんですが、どこも「うーん……」って感じです。

今年は近場が混みそうなんですもん。遠出が出来ないと思う人は全国にたくさんいることでしょう。そしたら考えることはみんな同じです。近場の観光地に集中しちゃうでしょう。道は混雑、観光地も大賑わいでしょう。

まだ観光地の大賑わいは仕方ないとしても、道が混雑というのが辛いです。クルマの運転をするのは僕ですからね、もう渋滞は大嫌いですから(苦笑)。

今年は近場も近場、電車で都内に行ったり地元でのんびりとしたゴールデンウィークでいいかな? って今のところ考えてしまってます。野球の試合を観にいったりするのもいいかな? そういう身近なお出かけも平常時は中々できませんからね。近くの山に行ってお団子を食べに行くとかも良いかも。

そうそう、開拓中の庭作業を進めるのもいい機会です。ホームセンターで園芸アイテムを家族で物色するってのも楽しいでしょうね。なんだかワクワクしてきましたよ(笑)。

温野菜を食べよう

20代も後半に入り、ようやく野菜をまともに食べるようになりました。野菜が嫌いというわけではないのですが、一人暮らしとなると調理の手間を考え、つい野菜を抜きがちだったのです。高校を卒業して一人暮らしをはじめてからというもの、最近までずっと野菜を食べない日が続いていました。

でも、あるとき知人に賢い野菜の食べ方を教わり、それを実践するようになってからというもの、食生活が野菜中心になりました。ものはやりようですね。その賢い野菜の食べ方というのは、温野菜を一度にたくさん造り、冷凍保存しておくやりかたです。

まず、食べたい野菜をたくさん買ってきます。買ってくるのは自分が好きな野菜が中心です。ピーマンにナス、カリフラワー、ニンジン、タマネギ、ジャガイモ。苦手なものも買います。ブロッコリーが苦手なのですが、克服の為に積極的に買ってます。

買ってきた野菜は一口大にカットして茹でます。電子レンジでも良いみたいですが、僕は茹で汁を別途利用したいので茹でています。茹で汁の使用につきましては後ほど。

茹でた野菜は、その日に食べる分は普通に食べます。残った野菜は、十分に冷ましてから冷凍庫に保管します。それを次の食事から少しずつ使っていき、無くなったらまた野菜を大量に茹でて冷凍して保管。これを繰り返すのです。

どんなに野菜の調理が苦手でも、火を通し済みの野菜があれば、いくらでも応用が利くので助かります。解凍してそのまま食べるのでも良いですが、僕の場合は野菜カレーにしたり野菜スープにします。野菜に火を通す時間が必要ないのですぐにできます。

僕の場合は、1度に茹でた野菜で1週間は持たせます。今では毎週日曜日を野菜を茹でる日と決めています。

そして茹で汁ですね。これもちゃんと活用しています。野菜を茹でると栄養分が逃げてしまいます。それを捨てるなんて勿体無いです。僕はそれを取っておいて、青汁用の水として使っています。粉末状の青汁があり、それを野菜の栄養が含まれた茹で汁で溶かして飲めば、茹でた野菜の栄養を余すことなく採ることができます。

温野菜の活用は一人暮らしの方にはぜひともオススメです。無理に料理に加えなくても、温野菜として毎日解凍して食べるだけでも手間は随分減ります。コーンドレッシングやシーザードレッシングをかけて食べればとっても美味しいですよ。

薄毛の悩みは嫌なもんだ

うちの家系は薄毛の人が多いんですよね。親父はつるっつるだし、親父方のじいさんもつるっつる。兄貴も最近薄毛を気にしだしています。親戚が集まると、やっぱり薄毛の人多いですね。

僕はというと、おふくろの方の血が強いんでしょうかね、幸いなことに薄毛で悩んでいる状態ではありません。“今のところは”ですけどね(苦笑)。

なんで薄毛の話かというと、最近職場で髪の毛の話になったんですよ。「○○さん、明らかに薄くなったよなぁ」という話を切欠に、自分たちはどうだってことに発展してしまったんです。

話題の切欠となった○○さんは営業の方で、周りから見てもストレスを溜め込みやすい人。入社した時よりも明らかにストレスが髪の毛に悪さしているのかって感じで、頭頂部がきてます。

営業の人って、薄毛の人が多い傾向にあるようです。ある調べでは、営業職の方で薄毛に悩んでいる人は50%を超えているようです。職種順位では第2位にランクインするほどの薄毛率みたいです。それだけストレスの多い職ってことなのでしょう。

逆に、IT関係の技術者や、クリエイティブ関係の仕事に携わっている方は薄毛率が低いみたいです。人と接触することが少なく、自分の世界に入り込みやすい仕事ですから、対人系のストレスが非常に少ないのでしょうね。

話は戻って僕の髪の毛。今は薄毛に執拗に悩むことはありませんが、中学生から高校生にかけては大いに悩んだもんです。親父もじいさんもつるっつるなわけですから(当時はまだ親父は髪の毛が残っていたが、やはり明らかに薄かった)、自分も絶対ハゲると心配していたんです。

無料の頭皮チェックというのを街で受けたことがあるのですが、「皮脂が多いですねぇ」、「ご家族の方に薄毛の方はいますか?」などと言われ、最終的には「将来、脱毛症にかかる恐れがありますよ」なんて宣告されたこともあります。もう死んだ気持ちになってしまいましたよ(苦笑)。ただ、友達もそれを受けたらまったく同じことを言われたというので、育毛剤などの勧誘的なものだったんでしょうね。

市販の薬は何度か買ったことがあります。育毛剤というより養毛剤で、頭皮に栄養を与えて薄毛を防ぐという薬です。高校生の時は毎回お風呂上りに使ってました。でも、いつしか馬鹿馬鹿しくなってやめちゃいましたけどね(苦笑)。

むしろ愛情はアップ!

そろそろバイクのオイル交換の時期。以前のオイル交換から3ヶ月が経っていたので頃合です。ですが、走行距離を確認してみると、前回の交換から650kmしか走っていません。1ヶ月200kmちょっとしか走っていない計算になります。随分とまぁ、僕も走らなくなってしまったものです……。

そもそも、3ヶ月でオイル交換だと判断するのも、かつての僕からはありえないことです。しょっちゅう乗っていた頃であれば、3ヶ月が経つ前に走行距離3000kmを迎え、オイル交換というのが当たり前でしたから。

最も僕が走っていた時期、それは3年前です。一週間に平均して500kmは走り、月では2000km前後走っていました。一般的なライダーでも月1000kmであれば乗っている方と判断されますが、その倍は走っていたことになります。その年は、年間で2万km以上の走行距離でした。

その次の年では、年間の距離は大分少なくなりましたが、月1000kmは余裕で走っていました。だいたい2ヶ月周期でオイル交換をしていた記憶があります。

1年前はというと、ガクンと年間走行距離が大幅に減りました。仕事が変わって忙しくなったという理由もありますが、何より古いバイクに乗り換えてしまったというのが一番の理由でしょう。乗り換えて2ヵ月後にキャブレターの異常を経験。思うように走れず苦悩するようになり、いつしか乗ることよりバイクを触ることの方が増えていったのです。

ですが、そうなって良かったかなとも思ってます。年間2万キロを走るペースでバイクを乗り続けていたらバイク熱は果たして続いていたのか疑問です。走っていたばかりのときはメカニズムの知識は上っ面程度でしたし、日本中の色んな場所を観ることを楽しみにしていました。となると、いつしかバイクでの旅は辛いということに気が付き、クルマや電車の旅を楽しむようになっていたかもしれませんから。

バイクはただ乗るだけの乗り物ではないこと、これに気が付いた時、たくさん走っていた時よりもバイクが断然好きになれましたね。走る距離は減って、オイル交換の目安は変わりましたが、愛情は3年前より断然アップしてるんです。

まぁ、理想としては触った上でたくさん乗ることなんですけどね(笑)。なかなかこの2つの両立は大変ですよ~。

出張おまかせ君

今日は仕事で仙台まで行ってきました。電車だったのであっという間に着きましたが、日帰りなのでとってもけつかっちんでした(汗)。仙台での滞在時間は2時間位です。ほとんど向こうの人と会って必要な打ち合わせを少々し、雑談をして終わりでした。

心残りはお昼ご飯。折角向こうの人が「牛タン食べに行く?」と誘ってくれたのに、時間が無かったので泣く泣くお断りしました。次はプライベートで仙台まで行くので、その時はよろしくです(笑)。

次の日がお休みであれば、向こうに1泊してしまうこともできたのですが、あいにく次の日もお仕事でしたから、それは叶いませんでした。やっぱり日帰りの出張は疲れます。

何かと出張の予定ができると、僕に白羽の矢が立ってしまうんですよね。理由を聞いてみると、「旅行好きでしょ?」とのこと。そりゃあ好きですけれども、お仕事なんですから旅行気分で毎回楽しんでいるわけでは無いですよ。

……まぁ、確かに多少は楽しんでますけど(笑)。

今の職場に入って間もない時のことです。前の仕事から間が随分開いていたんです。その間2年です。2年の間アルバイトはしていましたが、大人としては2年も定職についていないとなると、みんな気になってしまいますよね? そういう理由で「2年間どんなことしてたの?」と、聞かれたわけです。

僕は答えました。「バイクで旅してました」と。

南は九州、北は北海道まで本当に旅してました。純粋に走って日本中を巡ってみたかったんです。有り余っている不満感や情熱を、バイクで日本中を走るという目的で消化したいと思ったんです。そのおかげで、日本中に色んな友だちができましたし、各地を訪ねる楽しさも知りました。それまでは旅どころか旅行ですら滅多にしなかった引っ込み思案だったんです。

2年間アルバイトで生計を立てながら、あいた時間で旅をしたことで、僕は随分積極的な性格になれました。一歩間違えれば、そのままアルバイト生活をずるずると続けていたかもしれません。旅をして、本当に良かったです。

そんな思い出話をよく飲み会の席でしていたもんですから、いつしか旅好き、旅行好きキャラクターになり、出張おまかせ君になっていたという感じです(笑)。

そのうち海外出張もやらされそう(汗)。