出張おまかせ君

今日は仕事で仙台まで行ってきました。電車だったのであっという間に着きましたが、日帰りなのでとってもけつかっちんでした(汗)。仙台での滞在時間は2時間位です。ほとんど向こうの人と会って必要な打ち合わせを少々し、雑談をして終わりでした。

心残りはお昼ご飯。折角向こうの人が「牛タン食べに行く?」と誘ってくれたのに、時間が無かったので泣く泣くお断りしました。次はプライベートで仙台まで行くので、その時はよろしくです(笑)。

次の日がお休みであれば、向こうに1泊してしまうこともできたのですが、あいにく次の日もお仕事でしたから、それは叶いませんでした。やっぱり日帰りの出張は疲れます。

何かと出張の予定ができると、僕に白羽の矢が立ってしまうんですよね。理由を聞いてみると、「旅行好きでしょ?」とのこと。そりゃあ好きですけれども、お仕事なんですから旅行気分で毎回楽しんでいるわけでは無いですよ。

……まぁ、確かに多少は楽しんでますけど(笑)。

今の職場に入って間もない時のことです。前の仕事から間が随分開いていたんです。その間2年です。2年の間アルバイトはしていましたが、大人としては2年も定職についていないとなると、みんな気になってしまいますよね? そういう理由で「2年間どんなことしてたの?」と、聞かれたわけです。

僕は答えました。「バイクで旅してました」と。

南は九州、北は北海道まで本当に旅してました。純粋に走って日本中を巡ってみたかったんです。有り余っている不満感や情熱を、バイクで日本中を走るという目的で消化したいと思ったんです。そのおかげで、日本中に色んな友だちができましたし、各地を訪ねる楽しさも知りました。それまでは旅どころか旅行ですら滅多にしなかった引っ込み思案だったんです。

2年間アルバイトで生計を立てながら、あいた時間で旅をしたことで、僕は随分積極的な性格になれました。一歩間違えれば、そのままアルバイト生活をずるずると続けていたかもしれません。旅をして、本当に良かったです。

そんな思い出話をよく飲み会の席でしていたもんですから、いつしか旅好き、旅行好きキャラクターになり、出張おまかせ君になっていたという感じです(笑)。

そのうち海外出張もやらされそう(汗)。